旅と鉄の盲腸旅の小ネタ。駅そばのダシ・濃い口うす口の境界線 > その4.北前船コースその1

その4.北前船コースその1
 続いて北陸本線・信越本線を行ってみましょう。湖西線を経由して、敦賀からのスタートです。

敦賀駅の駅名標賀駅Tsuruga
改札を出たところ「キオスク」さん
玉子そば310円

 はっきりとしたうす口です。敦賀は北陸本線名古屋方面、大阪方面、小浜線が合流するジャンクション。すでに福井県に入っており、人の言葉は北陸なまりですが、依然大阪方面と結びつきが強いこともあって、そばは正統派関西風。そういや、近畿の天気予報でもこの辺りまで入ってますね。

 ここから先は、大阪からの「サンダーバード」「雷鳥」、米原方面からの「しらさぎ」などが入り乱れる特急街道。これらに乗って、特急停車駅ごとに見ていくことにしましょう。

(追記:2003.3.30)
 久しぶりに訪れましたら、業者さんが変わってました。「気比うどん・そば あまの」さんに変わり、ダシも濃さ・甘みともぐっと増してます。しかし後述の武生、福井同様、まだナゴヤ風とは言えない濃さで、引き続きうす口になります。

武生駅の駅名標と、そば武生Takefu
改札を出たところ 待合室内「今庄そば 豊岡商店」さん
玉子そば290円

 北陸トンネルを抜け、特急がまず最初に停まるのは武生。こちらは後記の福井駅同様、今庄そばさんがされておられます。器まで同じなんで、写真も福井駅のものを使わせていただきます(手抜き)。で、お味の方はといいますと・・・。

 うす口です。ただ、関西のそれとは微妙に味が違いまして。かなり甘めになっています。さらにトッピングは鰹節というのが関東風、ネギは白い部分が混ざるものの、全体的に緑の部分がまだまだ多く関西風(写真は福井駅のものなのでネギだけチョトあんばいが違います。)。なんだか微妙にいろいろ混じっております。

 この先、特急は鯖江に停まります。この駅は2階にそば屋があるんですが、立ち食いスタイルではないため、除外しました。並行する福井鉄道西鯖江駅にもそば屋はありませんでした。次に駅そばのある駅は福井になります。

福井駅の駅名標と、そば井駅Fukui
1番線ホーム「今庄そば 豊岡商店」さん
玉子そば290円

 「ふくい〜、ふくい〜っ、金沢駅ではありません。福井です。」、かつては、せっかちな大阪人が金沢駅と間違えて降りるために、こんな放送をしていた福井駅。そば屋は各ホームにあります。

 さて、肝心のそばの方ですが、武生駅とまったく同一のそば屋さんのためか、味はほとんど変わりません。ここもみりんが効いていて甘めです。ただ、ネギは緑の部分を使っているものの、武生同様太いものになっています。

 このあたりまで来ると、同じうす口でも関西のうす口とは若干趣を異にしますね。味の変化を期待しつつ、どんどん先に進みます。
 ここから先、特急は芦原温泉、石川県に入って加賀温泉加賀温泉駅の駅名標小松と停まりますが、芦原温泉には駅ソバはなし。並行する京福電鉄芦原湯町駅にもありません。加賀温泉駅は、駅を出たところにあるのですが、椅子席のみのようですので、これは駅そばとは呼べないため除外します。

小松駅の駅名標と、そば屋さん松駅Komatsu
改札を出たところ「白山そば」さん
あるにはありましたが・・・

 実はここも立ち食い形式ではないんですね。止まり木に座って食べるようになってまして。除外しました。ちなみにそばは濃い口?ナゴヤ風ダシ?のようです(メニューの写真は黒い?ダシ)。

(追記:2003.3.30)

小松駅の駅名標と、そば小松駅Komatsu
改札内外「白山そば」さん
月見そば350円

 高架化なった小松駅。改札内外から食べられるおそば屋さんが出来ていました。前回椅子席だった「白山そば」さんが、立ち席主体でオープンです。さっそく食べてみます。味は濃いめのナゴヤ風でした。

 と、いうことでここで境界。うす口からナゴヤ風ダシです。

 引き続き、金沢駅です。

金沢駅の駅名標と、そば沢駅Kanazawa
3・5、6・7番ホーム及び待合室「加賀白山そば」さん、
1・2番ホーム「ジェイアールサービス金沢」さん
月見そば350円

 そば屋は各ホームと、2階待合室にあり、1・2番ホームを除き白山そばさんがやっています。

 ここは1駅に2社が入ってます。ここでは「区間全駅ネットワーク」管理者の川口さんと一緒に食べました。

 当初、ここは濃い口と判断したんですが、1・2番ホームのそばを食べてみると、みりんの味が効いて甘めではあるものの、薄いんですね。どうしてでしょう。このホームが大阪行きのホームだからでしょうか。「白山そば」さんのものにしても、濃いめなものの、純然たる濃い口ではないようです。つまり、これはナゴヤ風ダシですね。ということでここ、金沢駅では1つの駅に境界がありました。

(追記:2003.3.30)
 1・2番ホームで頑張ってきたジェイアールサービスさんが撤退し、かわって白山そばさんがおなじ場所にオープン。うす口だったジェイアールさんにかわってナゴヤ風の白山そばさんが開店したということで、この駅はナゴヤ風の駅に変わりました。

 ちょっとここで箸休め。

津幡駅の駅名標と、そば幡駅Tsubata
3・4番ホーム「(有)庭田商店」さん
玉子そば330円

 金沢の東、和倉温泉方面へ向かう七尾線との分岐駅です。

 問題のおそばのほうですが、ダシがぐっと濃くなりました。かなり濃くなっています。しかし、かなり微妙です。一緒に食べていただいた川口さんと、「これは、どうなんでしょう」と思わず顔を見合わせてしまうくらい微妙です。色だけを見ると関西人の私としては、充分濃いと感じるんですが・・・。

 しかしながら、丼の底がまだ見えるんですね。そこで、ここもまたナゴヤ風ダシということにして(本当にしてしまっていいのかな?)、先に進むことにします。

石動駅の駅名標と、そば動駅Isurugi
改札内外「ジェイアールサービス金沢」さん
月見そば 値段失念

 はい、こちらにもありました。「いしどー」ではありません。「いするぎ」と読みます。難しいですね。小矢部市にあり、ここから富山県に入ります。

 最初、金沢駅と同じそば屋さんだから食べないでおこうかと思ったんですが、念のため食べることにします。

 食べて最初の感想、「これ、大阪のそばやん。」・・・そうなんです。正真正銘のうす口でした。東へ進んでいるはずなのに、そばのダシは戻ってしまいました。ななななな・・・、何ということでしょう。これは想定していない事態です(かなり動揺)。ひょっとすると、店のマスターは関西出身?

高岡駅の駅名標と、そば岡駅Takaoka
駅舎内「うどん そば 今庄」さん
月見そば 値段失念


 構内が少し変わっている高岡駅。城端線・氷見線・万葉線が分岐する交通の要衝です。ここにもおそば屋さんがあります。店名の「今庄」は福井県の今庄そばには関係なく、今庄さんという方がしておられるためです。

 そして注目のそばは・・・。また戻りました。石動より濃いです。しかし濃い口よりはうすく、微妙にナゴヤ風ダシ

富山駅の駅名標と、そば山駅Toyama
ホーム「立山そば 源」さん
月見そば 300円

 はいっ、ついに富山までやって来ました。で、賢明な皆さんは上の高岡のそばの写真と見比べてすでにお気づきかと思いますが・・・。

 また戻っちゃいました。高岡より薄いです。薄さレベルでは金沢の「白山そば」さんのものと同じ〜やや濃いくらいです。昆布の味もやや濃いめですが、鰹のダシの方が勝っているような気がします。全体的にはまだ「濃い口」には達しているとは言えない濃さだと思います。ということで、ナゴヤ風ダシ

 ここ富山から、岐阜方面へ高山本線が分岐します。おそばが気になる方、

本州縦断さるぼぼコースは、こちらです。

 また富山から先、北陸本線・信越本線へお越しの方はこちらへどうぞ。

 それから、この区間の境界でした。

駅そばのダシ、北前船コースの境界線(この区間)は、
福井駅−小松駅間(うす口ダシ〜ナゴヤ風ダシ)、
でした。


旅の小ネタへ
そばTopへ
TOPへ